Shop in your local currency and language

You are currently in United States US / USD $ store

United States / USD $
  • Australia / AUD $
  • Canada / CAD $
  • China / CNY ¥
  • France / EUR €
  • Germany / EUR €
  • Hong Kong SAR China / HKD $
  • Ireland / EUR €
  • Italy / EUR €
  • Japan / YEN ¥
  • Kuwait / USD $
  • Macao SAR China / HKD $
  • Netherlands / EUR €
  • Qatar / USD $
  • Saudi Arabia / USD $
  • Singapore / SGD $
  • South Korea / KRW ₩
  • Spain / EUR €
  • Taiwan / TWD $
  • United Arab Emirates / USD $
  • United Kingdom / GBP £
  • United States / USD $
  • Not yours? Read more
English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • English
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • Simplified Chinese
  • English
  • English
  • Simplified Chinese

Did you know that we deliver to 130 countries or regions and offer a range of delivery options to suit you wherever you are in the world? Find out more

Sign up once to our Selfridges+ service and you can enjoy unlimited deliveries wherever you are in the world. FIND OUT MORE

International delivery

With almost everything on selfridges.com available for International Delivery, you can send your order to 130 countries or regions around the world, including North America, Australia, the Middle East and China.

Although we only offer 20 currencies to browse in online, you can still deliver to all of the following countries or regions:

  • Algeria
  • Andorra
  • Antigua and Barbuda
  • Aruba
  • Australia
  • Austria
  • Azerbaijan
  • Bahrain
  • Bangladesh
  • Barbados
  • Belarus
  • Belgium
  • Belize
  • Bermuda
  • Bolivia
  • Botswana
  • Brunei
  • Bulgaria
  • Cambodia
  • Canada
  • Cayman Islands
  • Chile
  • China
  • Colombia
  • Costa Rica
  • Croatia
  • Cyprus
  • Czech Republic
  • Denmark
  • Dominica
  • Dominican Republic
  • Ecuador
  • Egypt
  • El Salvador
  • Estonia
  • Finland
  • France
  • French Guiana
  • Germany
  • Gibraltar
  • Greece
  • Grenada
  • Guadeloupe
  • Guatemala
  • Guernsey
  • Guyana
  • Honduras
  • Hong Kong
  • Hungary
  • Iceland
  • India
  • Indonesia
  • Ireland
  • Israel
  • Italy
  • Jamaica
  • Japan
  • Jersey
  • Jordan
  • Kazakhstan
  • Kenya
  • Kuwait
  • Laos
  • Latvia
  • Lebanon
  • Lesotho
  • Liechtenstein
  • Lithuania
  • Luxembourg
  • Macau
  • Malaysia
  • Maldives
  • Malta
  • Martinique
  • Mayotte
  • Mexico
  • Monaco
  • Montserrat
  • Morocco
  • Myanmar
  • Namibia
  • Netherlands
  • New Zealand
  • Nicaragua
  • Nigeria
  • Norway
  • Oman
  • Pakistan
  • Panama
  • Paraguay
  • Peru
  • Philippines
  • Poland
  • Portugal
  • Puerto Rico
  • Qatar
  • Reunion
  • Romania
  • Rwanda
  • Saint Kitts and Nevis
  • Saint Lucia
  • Saint Martin (French part)
  • San Marino
  • Saudi Arabia
  • Serbia
  • Singapore
  • Slovakia
  • Slovenia
  • South Africa
  • South Korea
  • Spain
  • Sri Lanka
  • Suriname
  • Swaziland
  • Sweden
  • Switzerland
  • Taiwan
  • Tanzania
  • Thailand
  • Trinidad and Tobago
  • Turkey
  • Uganda
  • Ukraine
  • United Arab Emirates
  • United Kingdom
  • United States
  • Uruguay
  • Venezuela
  • Vietnam

Tell us what you think

ファッションウィークの終わりはこれでしょうか?

バーバリーの2016年秋冬ショーでモデルがランウェイを歩いています
バーバリーの2016年秋冬ショーでモデルがランウェイを歩いています

毎年のファッションウィークが進行中の時には、必ずと言っていいほど、ファッションウィークはまだ重要であり続け、本当に関係あるのかという問いが生じます。ファッションウィークに関する議論は減少しており、デザイナーたちの関心も従来の概念から逸脱しているように見えます。

さて...(略)

オンラインとランウェイ

デジタル時代のファッションは、ランウェイからオンラインへと移行しています。ブランドは購入可能なコレクションを発表し、インスタグラムやスナップチャットでランウェイのバックステージのティーザーを投稿してからショーを開催しています。これにより、ランウェイの必要性が損なわれ、即時の満足感と高速消費の雰囲気が促進されます。一部のブランドは、コレクションがソーシャルメディアに表示されることに厳しいルールを設けており、ショー内では電話機の使用を禁止するといった措置を取っていますが、ファッションは現代のデジタルな影響を逃れることはできません。TwitterやInstagram、Snapchat、Facebookのほかにも、2016年ではじめるのがとても簡単なブログもあります。ショー終了から数時間以内に、誰でも画像を共有し、自分の意見を述べることができるようになったのです。ファッションの消費方法も変化しています。この成長を継続的に受け入れないブランドは時代遅れになってしまいます。

グッチの2016年春夏ショーでモデルがランウェイを歩いています。写真:FashionStock.com / Shutterstock.com
グッチの2016年春夏ショーでモデルがランウェイを歩いています。写真:FashionStock.com / Shutterstock.com

メンズウェアとウィメンズウェアの統合

ミラノファッションウィークで、グッチは現在注目を浴びている大胆なステートメントを発表しました。それは、メンズウェアとウィメンズウェアのコレクションを1つのショーに統合するというものです。この統合は先見の明がある立場にもかかわらず、メンズファッションウィークの必要性を否定するものであり、また、これにより莫大な収益の損失のリスクも生じます。各ファッションウィークに大勢の人々が押し寄せることで、数百万ドルの経済的影響も生み出しています。

シーズンファッションカレンダーからの転換

トム フォードの2016年春夏コレクションからの1ルック
トム フォードの2016年春夏コレクションからの1ルック

トム フォードやバーバリーのようなブランドが無季節カレンダーに切り替え、また、他のブランドもファッションウィークを放棄し、代わりにより親密な環境で「オフシーズンコレクション」の独立したショーを開催するようになりました。シャネルの「エキゾチックな目的地」でのオフシーズンコレクションのショー、そしてルイ・ヴィトンのパームスプリングスでのアットホームなショーなどが例です。2017年には、シャネルはキューバのハバナで、グッチはウェストミンスター寺院でショーを行う予定です。そもそも、広告キャンペーンができるのであればどこでもできるのと同じです。だからこそ、ブランドがコレクションをどこにでも展示することを阻んでいるものは何でしょうか?

デザイナーが独立してショーを行い、慣習に縛られずに進化を求めるにつれて、ファッション業界の進化はおそらくファッションウィークの終焉を目撃するでしょう。ランウェイは世界中のどこにでもあり、コレクションは年中無休で、いつでもストリーミングできるため、閉鎖的な概念のための余地はほとんどありません。過度に従来的で制約のあるファッションウィークのアイデアは、ファッションにとってよく役立ったランウェイがついに終わりに達したと言えるでしょう。